コーチの教え #05〜ゴルフは技術が99%、思考を整理することで苦手を克服

コーチの教え #04〜ショートゲームのスコアメイク
2017年5月27日
コーチの教え #06〜スコアメイクの秘訣は、「セコイ」ゴルフ
2017年6月22日

QTチャレンジ 鈴木啓太 石井忍

今回のテーマはメンタル。

太平洋クラブ 江南コース 16番ホール(378ヤード Par4)で、残り150ヤード、池越えの2ndショットというシチュエーションで、メンタルがどのように作用するかを検証しました。

まずは現状を把握するよう、石井コーチにうながされる啓太。ピンまで残り150ヤード、グリーンのエッヂまでは120ヤード、グリーン奥にはバンカーがあり、手前には池があるというシチュエーションの中、啓太は8Iを選択します。しかし選択した理由は「7番よりも打ちやすいから」という自分の好みを優先させたもの。石井コーチは、クラブの番手を選ぶ時にまず考えなければいけないのが距離。自分の好みよりも距離にあった番手を選ぶことが重要だと説きます。

次にポイントになるのが、現在の状況をプラス、マイナス、どちらのバイアスをかけることなく、ありのまま受入れること。現状を受入れることで思考整理が出来るため、じゃあどうしよう?何が出来るんだろう?と対策を考えることができるようになる。対策さえあればネガティブな状況も怖がる必要はない、それが自分が考える「メンタル」だ、と語る石井コーチに、啓太は感銘を受けていました。

 

コメントを残す