コーチの教え #06〜スコアメイクの秘訣は、「セコイ」ゴルフ

コーチの教え #05〜ゴルフは技術が99%、思考を整理することで苦手を克服
2017年6月8日
練習ラウンド#07〜短いけれど2ndの置き所が難しいホールの攻略
2017年7月1日

QTチャレンジ 石井忍

今回のテーマは石井コーチ曰く「セコイ」ゴルフ。

セコイ、というと語弊がありますが、言い換えれば「安全で賢い選択」という意味。

まずはグリーン周りのカラーからのアプローチで、ウェッヂを使わず5Wやユーティリティーを使ったアプローチを練習します。このセコ技の最大のメリットは振り幅が小さくて済むため、ミスが減ること。さらにパターに比べてロフトがついているため、カラーを気にせずパターと同じ感覚で打てるという便利なセコ技です。

続いてグリーン周りのラフからのアプローチ。ここでは短い距離でもフワッとしたボールを上げるセコ技を石井コーチが伝授。ポイントはフェイスを少しだけ開いて、ハンドレイト(グリップよりもクラブヘッドが前に出た状態)で構えて、コックを使わず肩の回転だけで打つこと。構えさえ固めてしまえば、後はやることが少なくて簡単にイメージ通りのボールが打てると、思わず笑ってしまう啓太。しかし「セコイ技はスコアをまとめるのに威力を発揮する」と石井コーチに説かれ、セコイ技の重要性を再認識していました。

コメントを残す