練習ラウンド#14~石井コーチと師弟対決 !!

啓太’s ファッション #7
2017年10月21日
練習ラウンド#15~太平洋クラブ美野里コース 平日グリーンフィ無料券を賭けて対決!
2017年11月8日

QTチャレンジ

 「鈴木啓太のQTチャレンジ」、今回は石井コーチが緊急参戦!太平洋クラブ益子PGAコースの12H(393ヤード Par 4)を舞台に、鈴木啓太との師弟対決に火花を散らします。

 まずスタート前に石井コーチから啓太に「このホールのティーショット、そもそもドライバーでいいのかな?」と質問が投げかけられます。「このホール。広いようでいて右に伸びていっている。つまり左手が近くて右手の奥が開けている。それならドライバーじゃなくてもいいのかな?ということも選択肢に入れて考えるべき」と言われた啓太は迷った末、3Wに持ち替えますが、その飛距離に納得のいかない様子。一方美里は迷うことなく1Wでティーショットを放ち「あんなとこまでいっちゃうの?飛ぶねぇ」と石井コーチに言わしめるナイスショットでフェアウェイをキープ。そして石井コーチ自身は「右ドッグレッグなのでフェードのイメージで打ちます」と高々と打ち上げたボールは、狙いよりも右に行ったものの「なんとかなるかな」とまずまず のスタートを切ります。

啓太は5Uで残り216ヤードの2打目を放ちますが、90ヤード先の木に当たってしまいます。打筋がよかっただけに悔やまれる一打となりました。これに対して美里は8Iの2打目をピン側5mに寄せるバーディーチャンス。同じく2打目を8Iで打った石井コーチも見事グリーンに乗せバーディーチャンス。思わず啓太も「うめぇ!」とつぶやきます。

 固いライに戸惑いつつも石井コーチのアドバイスを受け、52°での3打目を見事に打ち切った啓太。残念ながらほんの少しだけグリーンからこぼれてしまいましたが、出演者やスタッフから拍手が沸き起こりました。

 啓太はグリーン外からパターで第4打を打つも、ラインを読み過ぎてしまいボギーでホールアウト。石井コーチのバーディートライはわずかにカップ先をかすめパーでホールアウト。続く美里はバーディーパットを外し、返すパットも外してしまい、まさかの3パットでボギー。

 課題のティーショットは無難にこなしたものの、2ndショットの高さを読み違え木に捕まってしまった啓太。そして2オンから、まさかのボギーとなってしまった美里。2人とも課題の残るホールとなりました。

コメントを残す